ベースブログ

仙台国際ハーフマラソン、疲労が抜けきれず。。。

2017.05.18

春の勝負レースという位置付けにしていた
「第27回仙台国際ハーフマラソン」を走ってきました!

4月中旬から続けていた
高強度のインターバル練習や
練習の位置付けで出たハーフマラソン、
5000mのレースなどなど、
自分の中ではこれまでにない
未知の領域まで負荷をかけてみたところ、、、
直前に故障しました。。。

ではなく、レース前に疲労が全然抜けない!!!

ゴールデンウィークはレース三昧だったものの
仙台国際ハーフまでは1週間あったため、
疲労も抜けてハーフマラソンぐらいの距離であれば
タイムを狙いに行くレースはできるはず。
と考えていましたが身体が持ったのは
9kmぐらいまでというレース展開に。

昨年よりも2分以上も遅いタイムになってしまいました。
今回のような疲労を抜くのに自分的体感では
2週間ぐらいの調整期間が必要だったように思います。

仙台国際ハーフマラソン ラップ
3分55秒-3分49秒-3分50秒-3分53秒-3分45秒
4分07秒-3分55秒-3分54秒-3分48秒-4分01秒
3分58秒-4分01秒-3分53秒-4分03秒-4分10秒
4分06秒-4分15秒-4分08秒-4分07秒-4分17秒
4分03秒-32秒

結果 1時間24分34秒

またもや盟友石村さんと!

 

baseブログのレース記念写真にいつも登場している感じの
盟友石村さんとの年齢差はなんと20歳!

石村さんには1km4分に落ちた瞬間の
9km地点でぶち抜かれました。
4月23日に富士五湖100kmウルトラマラソンにも出場してからおり、
その後のゴールデンウィークでは、
私と同じレーススケジュールをこなしているというのに、
なんという鉄人ぶりなのでしょう〜。

石村さんは快心の仙台国際ハーフの走りで
ランナーズで発表される
年齢別ハーフマラソンランキングの順位が
昨年の8位から上がりそうです。

そんな石村さんが仙台出身ということもあり
レース後は仙台のランニングチームの打ち上げに
参加させて頂きました。

メンバーの一人に学習院大学出身の年長者の方がいらっしゃり
スペシャルゲストとしてなんと同陸上部OBで
この夏のロンドン世界陸上マラソン代表である
川内優輝選手の登場!


川内選手も仙台国際ハーフマラソンに出場しており
1時間3分29秒の11位だったようです。

最後はロンドン世界陸上に向けての抱負を聞かせて頂きました。
ここには書けないテレビ観戦ポイントを伺えました。
にしてもこの距離感は近い!

これで春のハーフマラソンは全て終了したので
ここからは7月末まで5000mの記録向上を目指して頑張ります!

ご予約はコチラから↓
http://airrsv.net/rollingbase/calendar