ベースブログ

メキシコ高地合宿通信 Vol 3 トレーニング編

2019.02.21

メキシコのケレタロで高地合宿に選手の帯同しながら
自身のトレーニングにも励んでおります。

極寒の日本とは違い、気温は30度ぐらいで湿度は20%以下。
日差しが強く、日に日に真っ黒になっていっています。

日本に帰ったらあまりの黒さにびっくりされそうです。。。

標高1900m地点のケレタロはゆっくりとジョギングするだけでも
きついのですが、滞在1週間が経過したあたりから過ごしやすくなり
強度の強いインターバル走などのポイント練習にも取り組んでいます。

 

 

選手達の本練習が始まるまでの間に
ウォーミングアップのジョグや
ハードルなどを使った動き作り、
スプリントドリルを素早く行い
一足早く練習を行っています。

これまでには200mや300mのインターバルを実施し
酸欠と乳酸地獄で日本では考えられないほど、
頭が真っ白け、脚ブルブルという現象に見舞われる程
追い込んだ練習を行っています。

ただ高地は心肺機能は極限にきついのですが
気圧が低く、重力がない分、身体の動きにキレがあり
脚にダメージが気にくい感じです。

 

この日の選手の練習は「SD」!!!
短距離用語でSDって「スタートダッシュ」の略だそうで
昨年この用語を覚えました。

長距離の方には馴染みの薄い言葉というか
スタート練習はないので全くない練習です。

というわけで、せっかくの機会なので
スタートブロック使って練習してみました。

どうやって構えて良いかもわかりませんが
みなさんからお尻の位置や手のつき方などの
アドバイス頂いた結果、それなりの構えに!!!

 

なんだかやってくれそうなポーズですが、、、
静止画だけで、、いざスタートすると

 

へっぴり腰で迫力は全くなし。。。
スタート後の1〜3歩目の爆発力が大事なのですが
そんな筋力や身体の使い方ができるわけもなく
よろけながらヘボヘボのスタートに。

 

ワールドクラスの正解の写真はこちら↓

腕が左右対象に90度でしっかり引けて
身体の軸が一直線です!!!
実に美しい〜〜。

短距離選手のスタート技術とパワーは恐るべしです。

 

これまたすごい!
皆揃ってのスタート練習↓

 

恐るべし重心の低さで弾丸のように30m程加速していきます。
こんな風に弾丸スタートで走ってみたいですが、
僕は潔く諦めることとします(笑)

人間諦めることも大事!

という訳で、自分に課せられた使命は
しっかり誤差なくストップウォッチを押すこと!

 

こんな感じでタイム計測を行っていますが
コンマ何秒が大事になってくるので実はドキドキ。。。
手に汗握りつつ、震えながらストップウォッチ押してます(汗)
たぶんタイムはあってると思うのですが、、、。

 

メキシコ高地合宿通信 つづく